BLOG

ブログで説得力のある文章を書くためのPREP法を解説【文章構成】

投稿日:

ブログで説得力のある文章を書くためのPREP法を解説

悩んでいる人
説得力のある文章を書けません。何か良い手法はありますか?。

このような質問をもらうことが多いので、説得力のある文章を書くためのPREP法を解説していきます。

説得力のある文章を書けないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いている人

ひろやん
アフィリエイトを始めて11ヶ月目に収益7桁を達成した専業アフィリエイター

 

ブログで説得力のある文章を書くためのPREP法とは?

ブログで説得力のある文章を書くためのPREP法とは?

そもそもPREP法とは、ビジネス文章に利用される手法で・・・

  1. Point(結論)
  2. Reason(理由)
  3. Example(具体例)
  4. Point(結論)

の頭文字を取ったものです。

この型に当てはめて使うだけで説得力が増すうえに、文章構成で迷うことがなくなるのですごく便利です。

ちなみに僕の他のブログ記事でもこのPREP法を多用しています。

 

PREP法を作った3つの文章例

PREP法を作った3つの文章例

 

①「副業でブログやるべき」という文章の場合

  1. Point(結論)・・・副業でブログをやるべき
  2. Reason(理由)・・・給料以外の収入源を作れてリスクヘッジになるから
  3. Example(具体例)・・・大リストラ時代の到来 / 副業で稼いでいる人たちを紹介
  4. Point(結論)・・・ブログは稼げるから副業でやろう

 

②「筋トレをやるべき」という文章の場合

  1. Point(結論)・・・筋トレをやるべき
  2. Reason(理由)・・・自信がつくから / 集中力が上がるから
  3. Example(具体例)・・・自分の体験談(筋トレやってる人が答えたアンケートなども可) / 筋トレで集中力が上がるという論文
  4. Point(結論)・・・自分のために筋トレしよう

 

③「ひげ脱毛するべき」という文章の場合

  1. Point(結論)・・・ひげ脱毛するべき
  2. Reason(理由)・・・毎朝剃る手間が省けて時短になるから / 女性受けが良くなるから
  3. Example(具体例)・・・自分の体験談 / 女性が答えたアンケート
  4. Point(結論)・・・自分のためになるから筋トレをしよう

 

補足:理由や具体例は増やしても大丈夫

PREP法は簡潔に分かりやすく文章を書ける反面、文章が短くなりがちです。

そのため文字数をある程度増やすために、理由や具体例をいくつか用意したり、反論への理解なども付け加えると良いですよ。

参考SEO的には長文が良いの?1記事に最適な文字数を考えてみた

 

まとめ:ブログ初心者はPREP法を使おう

ブログ記事で使えるPREP法の紹介でした。

特に初心者のうちは色々な文章構成に手を出さずに、PREP法だけで100記事ぐらい書くのがおすすめです。

最初から自己流でやってしまうと、大抵おかしな文章になるので(経験済み)

それと僕のメルマガに登録すると、PREP法について詳しく解説している動画を無料でもらえるので、ぜひ登録してみてくださいね!

 

P.S.無料メルマガやってます!

アフィリエイト初心者でもゼロからアフィリエイトを学べるように、メール&20本以上の動画講座を作成しました。

登録者限定のプレゼントも用意していますので、ぜひ登録してみてくださいね。

無料メルマガ今すぐひろやんのメールマガジンに登録する

ひろやんのメールマガジン

-BLOG
-, ,

Copyright© YOLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

最新アフィリエイトノウハウとSEOが学べるメルマガ
詳細をみる
アフィリエイトが学べるメルマガを配信中!
詳細をみる