アドセンス

稼げるアドセンス広告の種類と最適な位置(スマホ・PC)を解説

投稿日:

稼げるアドセンス広告の種類と最適な位置

悩んでいる人
Googleアドセンスに合格したのですが、おすすめのアドセンスの種類と位置があれば教えてください。

このような連絡をもらうことが多いので、稼げるアドセンス広告の種類と最適な位置(スマホ・PC)を解説していきます。

これからアドセンスで稼ごうと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いている人

ひろやん
アフィリエイトを始めて11ヶ月目に収益7桁を達成した専業アフィリエイター

 

Googleアドセンス収益の計算方法

Googleアドセンス収益の計算方法

まず、アドセンスの種類や位置の前に、アドセンス収益の計算方法をおさえておきましょう。

アドセンス収益クリック単価(1クリックあたりのお金)×ページCTR(クリック率)×PV(ページビュー)

ちなみに、クリック単価の平均は約30円、ページCTRの平均は約1%です。

仮に月間PVを10000にして実際に数字を入れて計算してみると・・・

30円(クリック単価)×1%(ページCTR)×10000(PV)=3000円(アドセンス収益)

狙うジャンルによってクリック単価は変わるので、一概には言えませんが、「月間PV×0.3=平均的なアドセンス収益」というのは基準値として覚えておくと良いと思います。

なので、この数値を下回れば、アドセンスの種類や位置を見直すべきということです。

 

稼げるアドセンス広告の種類

稼げるアドセンス広告の種類

▼アドセンス広告の種類は全部で4つあります。

  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告
  • 関連コンテンツ

この中で僕が実際に試してみて効率よく稼げたのが、ディスプレイ広告と関連コンテンツです。

ただし、関連コンテンツは掲載条件があるので、あなたのブログで使えるかどうか確認してみてください(月10000PV以上、記事数100程度)

記事内広告も悪くはないんですが、記事のボリュームによっては入れないほうが良い場合もあるので、基本的にはディスプレイ広告と関連コンテンツでOKです。

 

アドセンス広告の位置(スマホ・PC)

アドセンス広告の位置(スマホ・PC)

スマホ

スマホの場合は、以下の3つです。

スマホのアドセンス位置

  1. 目次上
  2. 記事下
  3. 関連コンテンツ

記事の文字数が4000を超えてきたら、記事内広告を入れるのも検討してみてくださいね。

パソコンも同様です。

 

PC

パソコンの場合は、以下の4つです。

スマホのアドセンス位置

  1. 目次上
  2. 記事下
  3. 関連コンテンツ
  4. サイドバーの一番上

パソコンはサイドバーの一番上がすごく目立つので、ここにディスプレイ広告を貼るのがおすすめです。

ちなみに当ブログは、アドセンスを貼ってないので、サイドバーの一番上にはメルマガフォームを設置しています。

 

まとめ

稼げるアドセンス広告の種類と最適な位置の紹介でした。

アドセンス広告というのは、多ければ多いほど良いというわけではないので、クリック率の高い部分だけを狙って設置していきましょう。

またアドセンスだけで大きく稼ぐのは難しいので、アフィリエイトも積極的に挑戦してみてくださいね!

参考7桁越えのアフィリエイターがおすすめするASP10選【アフィリエイトサービス】

おすすめASP
7桁越えのアフィリエイターがおすすめするASP10選【アフィリエイトサービス】

続きを見る

 

P.S.無料メルマガやってます!

アフィリエイト初心者でもゼロからアフィリエイトを学べるように、メール&20本以上の動画講座を作成しました。

登録者限定のプレゼントも用意していますので、ぜひ登録してみてくださいね。

無料メルマガ今すぐひろやんのメールマガジンに登録する

ひろやんのメールマガジン

-アドセンス
-, ,

Copyright© YOLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

最新アフィリエイトノウハウとSEOが学べるメルマガ
詳細をみる
アフィリエイトが学べるメルマガを配信中!
詳細をみる